2008年03月31日

『アメリカの共和党と民主党』10・・・アメリカ移民の歴史(2/3) :1880年代~現代

『アメリカの共和党と民主党』9・・・アメリカ移民の歴史(1/3) :独立~1880年代の続きです

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

■世紀転換期以降の新移民の大量流入(第三期)

1890年代は、さまざまな意味でアメリカ合衆国史のターニング・ポイントであった。

第一には、1890年にフロンティアが消滅しアメリカ史の第一期は終わった、という意味においてであり、また別の意味では、1890年代にアメリカが世界第一位の工業国になり、帝国主義的海外進出を開始してゆく時期にあたるゆえでもある。

アメリカ移民史においても、1890年頃を境に大きな変化が見られるようになる。
それまでの西欧・北欧系にとってかわり、南欧や東欧系移民が移民の主流を形成してゆく。東洋からの「新移民」が目立ち始めるのもこの頃からである。

そして、このアメリカ移民史の転換期以降、先発の移民と後発の移民との間の経済的・社会的・文化的摩擦による民族間軋轢が生じる。

新移民に対する敵意は1880年代に生まれ、1890年代の国民意識昂揚の時代に広まった。移民の合衆国への同化をはかるグループがあった(進歩派)一方で、KKKは反黒人・反カトリック・反ユダヤの暴力的キャンペーンを展開した。19世紀末に移民反対運動をした者は、WASP、人種差別主義者の他に、労働組合指導者(アメリカ労働連盟など)や安価な移民労働の競合を心配した黒人指導者も存在した。

また、第二次世界大戦後にアジアやラテンアメリカからの移民が増えると、マイノリティ同士の対立が起こってきた(それまではマイノリティ対マジョリティの対立が主流だった)。
特に、黒人とヒスパニックの関係がこれに当てはまり、後からやってきたヒスパニックの方が経済的な成功を収めているため、黒人にとっては不満に一因となった。

      〔1910年の出身国別移民比率〕
       出身国         比率(%)
       ドイツ系・・・・・・・・・・・・17.1
       アイルランド系・・・・・・・10.0
       イギリス系・・・・・・・・・・6.5
       イタリア系・・・・・・・・・・・9.9
       ポーランド系・・・・・・・・・6.9
       オーストラリア系・・・・・・6.3
       ハンガリー系・・・・・・・・・3.7
       その他・・・・・・・・・・・・・39.6
       計            100.0
 

では移民層が転換したことで、アメリカにはどんな変化が
まずは、各移民の特徴を見てみましょう~

続きを読むをクリックしてね
応援もお願い :wink:

(さらに…)

  投稿者 nisi | 2008-03-31 | Posted in 03.アメリカの支配勢力と支配構造5 Comments »