2008年03月21日

日本支配の構造5 阿片戦略2~満州国~

%E7%94%98%E7%B2%95%E6%AD%A3%E5%BD%A6.jpgTojo_Hideki.jpg%E6%98%9F%E9%87%8E%E7%9B%B4%E6%A8%B9.bmpAyukawa_Yoshisuke.jpg%E5%B2%B8.jpg%E6%9D%BE%E5%B2%A1%EF%BC%91.jpg
 甘粕正彦    東条英機   星野直樹   鮎川義介     岸信介     松岡洋右
後藤新平による阿片漸禁政策による台湾の統治の成功により、彼は、台湾から満州へとその地を移します。満州と言えば、日露戦争で得られた満州南部の鉄道及び領地の租借権に対し、国策会社である南満州鉄道株式会社を設立、後に満州事変を経て、満州国を建国したという歴史を経る。その国策会社 満鉄の初代総裁が後藤新平である。彼が、台湾時代を下敷きにし、満州の統治に抜擢されたのは明らかでしょう。
また、満州の実力者と言えば、「一ヒコ・二キ・三スケ」が有名です。
ヒコ:甘粕正(大杉事件で有名な軍人、甘粕機関(阿片ビジネス))
:東条英(関東軍参謀長)、星野直(国務院総務長官)
スケ:鮎川義(日産コンツェルン 満州重工業開発㈱初代総裁)、岸信(産業部次長)、松岡洋(満鉄総裁)
また、満州の国策であった阿片を扱ったと言われているもう一人の阿片王 里見甫(上海の阿片を仕切った里見機関)がいます。
満州国とは一体どのようになっていたのか?それに迫ってみたいと思います。
まずは、国策会社【満鉄】から始めます。
続きの前に、ポチっとお願いします。 :D

(さらに…)

  投稿者 gabor | 2008-03-21 | Posted in 04.日本の政治構造2 Comments »