2014年08月17日

【情報戦】16 イギリスにかわって金貸したちの戦争の資金源となったアメリカ、そして秘密工作機関CIAが誕生した

前稿ではアメリカの行動原理の基底には、脱バチカン=脱ヨーロッパの英国的行動原理を発展させた「自分の利益のためなら二重スパイも厭わないベンジャミン・フランクリン的な行動原理」があることをみた。

そしてこの行動原理は自分の利益のために自分の国家であるアメリカをも裏切り続けていくスパイ組織=CIAの登場へと結実していく。本稿ではCIAの誕生とその行動原理を見てみたい。

いまや世界の警察ならぬ、世界の戦争の仕掛け人となった現在のアメリカの姿からは想像もつかないが、イギリスからの独立を勝ち取った当時のアメリカは、どことも同盟関係を結ばず、国際的紛争には中立を保つという孤立主義のスタンスをとっていた。ベンジャミン・フランクリンの二重スパイ的行動は、イギリスにもフランスにも加担しないという表向きの孤立主義によって安全が保障されていたのだ。しかし欧米各国が帝国主義的侵略を強める中、ヨーロッパ諸国は相互に対立し、ついには第1次世界大戦に突入。そして根が海賊であるアメリカもついに本性を現し、これを機会に戦争に乗り出す。

 

ダレスdonoban

 

 

 

 

 

 

 

 

 

写真はOSSそしてCIA・・・アメリカ諜報機関の生みの親、アレンダレスとウィリアムドノバン

 

(さらに…)

  投稿者 mamoru | 2014-08-17 | Posted in 08.近現代史と金貸しNo Comments »