2014年08月14日

【情報戦】 15.諜報大国イギリスと、その自己矛盾の突破口としてのアメリカ

前回記事 【何故、イギリスは諜報大国となったのか?】http://blog.nihon-syakai.net/blog/2014/05/3339.html

バチカン

バチカン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■諜報大国イギリスの敵はバチカン=キリスト教であった。

・前回情報戦シリーズでは、イギリスがいかにしては、諜報大国となったかをみた。

国家としてのイギリスは、北方の島国であり、ドイツ、フランスといった農業を基盤とする国家と違い地代収入が乏しいため、海賊行為を奨励する海賊国家であり、その結果、英国には情報戦と騙し討の得意な海賊たちが結集した。

他方、ベネチアに起源を持つ、黒い貴族たちとそれに付き従った宮廷ユダヤ=ロスチャイルドたちは、資金源の豊かなローマカソリック教会=バチカンに寄生し、十字軍戦争を起こさせ、急成長したが、ハスプブルク家に対抗し、大航海時代を戦い抜くために、その拠点を、ドイツからイギリスへと移していった。

こうして、イギリスは王家そのものがドイツ系のゲルフ家=ウィンザー家となり、ロスチャイルドとの蜜月関係を築きあげた。そしてロスチャイルドが金融市場のなかで発達させてきた、情報戦を勝ち抜くための、諜報能力とメディア操作=プロパガンダ能力を最大限発揮させる場として国営の諜報機関を他国に先駆けて設置し、植民地支配競争を勝ち抜いて、莫大な利益をあげることに成功した。

ここで、改めて英国及び英国に巣食う黒い貴族たちは誰と情報戦争を戦ったのか?という視点で見ると、その最大の敵はローマ・カソリック=バチカンであったことが分かる。

 

(さらに…)