2010年07月24日

民主党内『小沢vs反小沢』勢力図予測(第四弾):衆議院“北海道~東京の議員”編

%EF%BC%A7%EF%BC%A8%EF%BC%B1.jpg
 

大戦に負けた日本は、GHQ(米国)の支配下になり、“民主化”を御旗に『日本の弱体化⇒体制の不安定化+経営基盤の喪失』を目的として、農地改革・財閥解体・教育改革などが進められた。
その結果、それまでの天皇制を頂点とする序列集団体制がバラバラにされ、国家としての集団力(国力)が低下していく。

しかし一方では、アメリカ支配でありながら、国民の貧困(飢え)克服期待を収束軸に物的経済政策(工業化)に傾斜し、遂に’70年頃にはGDP世界第二位まで成長し貧困を克服した(豊かさの実現)。

そして、貧困を克服すると、本来の国家の有様として、アメリカ支配(米隷属)から「自主独立」を目指す動きが出てくる(田中角栄の日中国交など)。
しかしながら、その動きに対し、アメリカの露骨で暴力的な圧力が加わり、自主独立を目指す政治家は悉く“政治とカネ”などレッテルを貼られ失脚していき、“アメリカに従順にならずに自主独立を目指すとやられる”という意識が政治家のなかに植え込まれていく。

また、官僚とマスコミは、貧困が消滅して新たな国家的政策が求められる時代になると、それまで(経済傾斜の政策の時代)はまだ隠れていたその無能ぶりを露わにし、それどころか国益に背いた暴走を人々の目に晒す事になる(それに対する国民の声として、昨年の衆議員選での反自民→民主党政権)。

(さらに…)

  投稿者 kirin | 2010-07-24 | Posted in 未分類 | 2 Comments »