2010年07月21日

民主党内『小沢vs反小沢』勢力図予測(第三弾):参議院“非改選議員”編

%E5%9B%BD%E4%BC%9A%E8%AD%B0%E4%BA%8B%E5%A0%82.png
 

2010年参院選が終わりました。
今後、ねじれ国会で益々混沌とした政局になりそうです。

数字的には、民主党の敗北、自民の揺り戻し、みんなの党の浮上という結果ですが、何だか、どこも“勝った”ところがなく、選挙前からみんなが口々に言っていた、「どこもダメ」「入れるところがない」「今回の選挙ほどどこに入れても同じ」を反映したバランスの結果という印象です。

つまり、「生活も切迫しているし、これからの日本の先行きも見えない」→「はやく何とかしてほしいが、どこもスッキリせず答を示してくれない」→「判断を保留にせざるをえず、とりあえず政党のバランスをとった」という人々の意識が顕れた結果ではないでしょうか。

%E6%94%AF%E6%8C%81%E6%94%BF%E5%85%9A.jpg 

それにしても、「今回の選挙ほどどこの政党に入れていいかわからない。どこに入れても同じ」という意識にさせられた選挙はありません。
このことを通じ、人々は“政党”ではなく、“人”で判断せざるをえないという意識が強くなったようにも思います。
これは、明治31年の隈板内閣(大隈首相・板垣内相)以来の日本の政党政治、つまり近代日本の政治体制に対し、人々は無意識にも疑問を持つようになったかもしれません。

そうなると、人々が「もう既存の政治体制、そしてさらに既存の政治家には期待できない」と見切るのは、もしかしたらもう時間の問題かも。。。。

新しい政治体制に向けて、現状では、昨年の衆議院選での民主党の大勝利、そして今回の参院選でみんなの党が増えたことからも、少なくとも“脱官僚”を期待する人々の意識は現われています。
そのため、「アメリカ→官僚支配の日本の政治」を改革し日本の国益を守ろうとしている、と思われる既存政治家の見極めが重要になります。

そこで、
民主党内『小沢vs反小沢』勢力図予測:2010参院選候補者編

民主党内『小沢vs反小沢』勢力図予測(第二弾):2010参院選“比例区”候補者編

に引き続き、今回は、参議院“非改選議員”の誰が小沢系(→脱官僚系)か反小沢系か色分けしてみます。

(さらに…)

  投稿者 kirin | 2010-07-21 | Posted in 未分類 | 2 Comments »