2013年12月02日

自給期待と日本の近未来6 ~金貸し支配の構造と崩壊の兆し~

前回までの記事で紹介したように、日本の大衆は、お上を見限り脱市場へと舵を切り、自給期待の共認圧力を形成し始める段階にまで来ていることが見えてきました。一方、日本から世界に目を向けると他国でも様々な現象が起こっています。
例えば、アメリカのデフォルト騒動。これは先月各国の注目を集めましたが、金融緩和措置を行いデフォルト回避の方向に舵をきる結果となりました。中東の民主化運動は、今までの長期独裁政権の抑圧に対する反発に加え、反米感情の蓄積、経済悪化と失業増への不満が蓄積され、それらがイスラムの民族意識を上昇させ、アラブの春・民主化運動へと繋がっていきました。エネルギー問題に目を向けると原発増設の動きが途上国を中心に広がっています。東アジアでも、日中韓問題にみられる竹島・尖閣諸島問題の対立問題などがみられます。
%E7%B1%B3%E3%83%87%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%AB%E3%83%88001.jpg%E4%B8%AD%E6%9D%B1%E6%B0%91%E4%B8%BB%E5%8C%96001.jpg
%E5%8E%9F%E7%99%BA%E5%A2%97%E8%A8%AD001.jpg%E6%97%A5%E4%B8%AD%E9%9F%93%E5%95%8F%E9%A1%8C001.bmp
写真はこちらからお借りしました。(リンクリンクリンクリンク
これらの動きの背景には、どのような構造があるのでしょうか。
今回は、上記のような事象が引き起こされる基本構造を解明した上で、日本の自給期待の可能性について迫ってみたいと思います。

(さらに…)

  投稿者 kaneking | 2013-12-02 | Posted in 12.現代意識潮流No Comments »