2019年01月18日

東アジアも民族収束、日本は自立を迫られている

12月3日のゴーン逮捕から様々な動き、世界の底流がどう変わってきているのか?

・12月11日 フランス非常事態宣言
・12月18日 日立英原発断念
・年末の株価急落、その後乱高下。
・前後して韓国による徴用工問題やレーザー照射事件
・1月11日 フランスによるJOC 竹田氏の贈収賄疑惑
・1月14日 日露外相会談 北方領土問題なんて存在しない

株価暴落、世界の動きは以下参照
NY株式市場暴落の真犯人 ~既に力関係は完全に逆転~
中国が市場を主導し、ロシアが軍事力で最強。これは「市場」と「国家」の力関係の再逆転の始まり
2019年 世界は未知領域へ

●アジアも民族主義の勃興へ (さらに…)

  投稿者 nihon | 2019-01-18 | Posted in 04.日本の政治構造, 09.国際政治情勢の分析No Comments »