2011年02月01日

西洋文明の基層を探る(4)参考資料~欧州に農耕を伝えたのはエジプト人(ハム族)

「西洋文明の基層を探る(2) 6000年前までの欧州の部族移動」では、6000年前までの欧州の部族移動について、次のような仮説を立てました。

【1】1万年前まで欧州にいたのは欧州先住民I。
【2】8000年前メソポタミアの乾燥化に伴い、中東のハム語族Eが欧州に移動し、農耕を伝播。またハム語族の一派E1b1b1a(バルカン語族)とセム語族J2がアナトリア・ギリシアで混血。
【3】7000~6000年前 温暖化による黒海氾濫で、コーカサス語族G2がアナトリア経由で欧州に移動し、牧畜と金属器を伝播(巨石文化も彼らか?)

今回は、その参考資料を紹介します。
いつも応援ありがとうございます。

(さらに…)

  投稿者 staff | 2011-02-01 | Posted in 14.その他1 Comment »