2009年04月09日

「米国の陰謀/AMERO導入」

2008年9月のリーマンブラザーズ破綻以来、公金を使った過去最大の景気刺激策と金融救済策によりアメリカの財政赤字は急激に膨らんでいます。しかも金融危機はまだ序の口であり、今後さらなる状況悪化(金融危機・不況→経常・財政赤字増→ドル・米国債の信用不安拡大)が予測されます近い将来、米国ドルは世界の基軸通貨としての地位を明け渡すことになるでしょう。
そうなったら困るのは日本です。
日本はこれまで巨額のドル資産を抱えて米経済を儲けさせ、米国債を買い続けて米政府の財政を助けてきました(高利回りなうえ円高抑制効果もある米国債は、日本にとってもおいしい金融商品だった。)。積みあがった米国債の総額は、民間合わせて500兆円と言われています。
今日紹介するのは、500兆円が瞬時にして紙くず同然になってしまうという『新通貨(=アメロ)導入⇒旧通貨大暴落⇒借金棒引き』のシナリオです。
A5A2A5E1A5EDB9C5B2DF20-20A5B3A5D4A1BC.jpg
その前に応援よろしくお願いします!

(さらに…)

  投稿者 bibibi | 2009-04-09 | Posted in 06.経済破局の行方5 Comments »