2019年09月26日

日本人は「農耕民族」とよべるのか。~縄文精神を受け継ぐ、日本人の民族性と可能性

■生産様式による「狩猟民族」「農耕民族」

人類の諸民族は、大きく「狩猟民族」と「農耕民族」に分けられると言われます。
そしてその生産様式によって、民族の精神性、思考様式、行動規範が違ってきます。

 〇「狩猟民族」は文字通り生活の基盤を狩猟に置き、森一つの地に定住せずに小集団で移動しながら生活していたと言われています。
〇「農耕民族」は主に河川流域に住んで麦や稲を育てて日々の生活を営んできました。作物を育てるために一箇所に定住したと言われています。同時に作物や知識を独占する階層が生まれ、集団は国家へと変化していきました。

 ■狩猟民族と農耕民族の行動スタイル
一般的には、狩猟民族は勢いがあり華やか、農耕民族は計画的で控えめだと言われます。

 〇狩猟民族は自分の意見や将来やりたいことをみんなの前で堂々と発言して行動に移すことができるという特徴があります。
迅速な決断力や行動力がありますが、同時に常に失敗のリスクも伴います。
〇農耕民族は、まず計画を立ててから行動しようとします。緻密な計画は高い実効性を伴いますが、初動の遅さや即応性の低さとして現れます。 (さらに…)

  投稿者 nihon | 2019-09-26 | Posted in 16.国家の支配構造No Comments »