2015年03月03日

金貸しは一枚岩ではなく合従連衡を繰り返している。プーチンはその隙間を突いてロシアを守っている

プーチンの動きを見ていると、金融資本主義から国民を守る愛国主義者という側面と、BRICS銀行やユーラシア構想といった国家の枠組みを超えた市場を志向するという意味でのグローバリストという両面が伺える。と同時に、反アメリカは旗幟鮮明だが、ヨーロッパとは事を構えたがらない点は、戦争屋に踊らされていない、とみることもできるが、欧州の金貸しや金主とは連携をとっている、あるいは彼らに支配されている、という見方をする人もいる。

オルタナティブ通信によるとプーチンは欧州貴族の資金を運用するスイスに出入りしたマークリッチから大統領の椅子を渡されたという。
リンク

確かに、プーチンが大統領の椅子を手に入れるに当たってマークリッチやそのバックにいたと思われるロスチャイルドらと手を組んでいたのは間違いないだろう。事実かれはロスチャイルドと近かったベレゾフスキーに引き立てられる形で大統領になった。しかし、プーチンはその後、ベレゾフスキーを排除し、今も露骨なまでのアメリカからの攻撃と戦っている。

と同時に、ロシアと金貸したちの闘いの歴史を教科書でも扱い、今やロシア国民の多数が欧米の金貸したちの暗躍について知識を得ている。

http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=290536

http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=295798

従って、プーチンが欧州貴族や金貸しと連携していることは事実だとしても、彼らの手下というのは当たらないだろう。

ロックフェラーとロスチャイルドの争いに加えて、ロスチャイルド一族も内部分裂しているという事実を踏まえるならば、おそらく、金貸し内部の断層をうまく使いながら、つまり「敵の敵は仲間」という現実判断の下、機敏な合従連衡(がっしょうれんこう)を組む事で、ロシア国民を守るべく、現実のパワーポリティックスの現場を舵取りしていると見るべきだろう。

(さらに…)

  投稿者 mamoru | 2015-03-03 | Posted in 09.国際政治情勢の分析No Comments »