2017年10月31日

選挙・民主主義への違和感・・・遡って成立構造まで掴まないとすっきりしない

衆院選からやや時間が経ちましたが、選挙を巡る意識について
衆院選前10月の街頭アンケート:リンク  より

>支持政党どこですか?
支持政党なし 15.6% _ 関心がない 57.7% _ 決めていない 11.3% _ 自民 7.4% _ 維新 2.8% _ 公明 1.4% _
民主 0.8% _ 共産 1.2% _ 希望 1.2% _ 社民 0.1% _ 自由 0.0% _ その他 0.6% _

・・・関心がないで約6割、支持政党なしを合わせると7割以上になる。
そして街角での支持率7.4%の自民党が議席の大半を握るという不整合感。

※マスコミの世論調査は、マスコミは関心がない層の6割を母数から除いて、4割のうちの支持者のある層を母数として計算していること、そうすると自民の7.4%が約20%に跳ね上がる。・・・・ここにも世論調査の大きなごまかしがある。さらに誘導質問で4割の支持率を演出。
これは投票率53%と自民党の得票率30%に近似している、それらが小選挙区制を通じて議席の過半を自民党へもたらす結果をもたらす。
得票率を正としても30%×53%≒16%しか支持がない政党が国を牛耳っているのだ。  (さらに…)

  投稿者 nihon | 2017-10-31 | Posted in 01.どうする?マスコミ支配No Comments »