2014年10月07日

脱グローバリズムの可能性をロシアに探る9~秩序崩壊の危機(不整合感)と欧州右翼の社会統合期待

「2012年、プーチン大統領再選。反米路線の強化」では、再選されたプーチンの外交路線は、ユーラシア連合構想を旗印に、中国との同盟、欧州・インドとの経済的連携を図る一方で、反米路線を強化することを紹介した。

では、プーチンが大衆から支持される基盤は何か?

注目すべきは、欧州の極右がプーチンを支持しているという点である。

(さらに…)

  投稿者 nihon | 2014-10-07 | Posted in 01.どうする?マスコミ支配No Comments »