2014年07月28日

「お上は国民の健康を守ってくれない~抗がん剤は放射性物質並みの超危険物

前回は、「医者は自分には抗がん剤を使わない」ことを紹介した。

その論点は、次の通りである。

こんなアンケートがある。内外の271人の医者に、「自分自身に抗がん剤を打つか?」と尋ねたら、なんと270人が「断固ノー!」だった。
患者が食事療法などを切望しても、無視して抗がん剤を打ちまくってきた東大医学部の教授4人が、自らががんになったら4人とも抗がん剤拒否で、食事療法で治したという、笑えないエピソードがある。

医師たちも、抗がん剤の恐怖を知っている。だから、自分や身内には絶対、抗がん剤は打たせない。
日本人の死亡原因のトップはガンで、厚労省の発表では、年間約35万人がガンで“死亡”しているというが、この数値には悪質なごまかしがあり、ガン死と発表された患者の約8割はがんで亡くなっているのではない。ガン患者の大半が感染症で命を落としている。その理由は、かれらの免疫力がほとんどゼロになっているからであるが、それは、ガン患者に大量投与された抗がん剤や、大量照射された放射線、さらには手術による疲弊などによる副作用が原因である。

(さらに…)

  投稿者 nihon | 2014-07-28 | Posted in 01.どうする?マスコミ支配No Comments »