2007年09月01日

国際金融資本の覇権争いの行方


世界の金融支配をめぐる争いは、米・ロックフェラーと英・ロスチャイルドとの闘いと見ることができます。これまでの覇権争いの歴史と現在の状況を押さえてみたいと思います。
以下は、るいネットから抜粋引用しました。

19世紀末イギリス(ロスチャイルド財閥)は、金本位制とともにその力を拡大していく。
ロスチャイルドメモ ①:1823~20世紀初 金本位制の成立と限界→南ア支配・ロシア革命へ

1865年 ロックフェラー1世が石油販売で初期の成功を納める。そして石油掘削業者を次々と買収・統合していき、石油市場を支配していった。1900年代に入ると、金融資本によるアメリカ支配がはじまる。(この時期の主導権はロスチャイルドが握っていた)
ロックフェラーメモ①1859~1914:石油産業独占→アメリカ支配へ

1914年 第一次世界大戦が、ロスチャイルドの世界管理戦略(大陸の旧帝国を崩壊させることにより、そこに眠る金塊と資源の利権を握る)によって引き起こされた。
ロスチャイルド メモ②:1914~第一次大戦の狙い

1920年代には、英・ロスチャイルドと米・ロックフェラーの縄張り争いが激化。
1929年のニューヨーク株式大暴落→大恐慌により、アメリカのロスチャイルド系は凋落。
1944年のブレトン・ウッズ体制確立により、ポンド覇権→ドル覇権へ移行。
※注:以後基本的に、ロックフェラー系が主導権を握るが、アメリカ国内では、宗主国のロスチャイルドは初期から基幹産業と金融を握っていたことから、アメリカ国内での影響力を残して現在に至る。
ロックフェラーメモ②1919~1944年:世界運営に乗り出す、イギリス→アメリカへの覇権交代期

1913年FRB設立以後、ロックフェラーはアメリカにおいて完全に主導権を握り、さらに世界覇権をロスチャイルド財閥から奪い取ることを目的として、第二次世界大戦を主導した。
アメリカ・ロックフェラー系が主導した第二次大戦

このように見てくると、世界の戦争の歴史はイギリスとアメリカの対立構造であり、ロスチャイルドとロックフェラーの覇権争いであったということになります。
そして現在、この覇権争いの行方はどうなっているのでしょうか?
その前に、クリック応援お願いします。いつもありがとうございます!

(さらに…)

  投稿者 hiroaki | 2007-09-01 | Posted in 08.近現代史と金貸し1 Comment »