2017年05月30日

ロスチャイルドの生き残り策 ~ドル防衛から次の通貨制度へむかう世界~

現在株高は絶好調、
・・・しかし金融崩壊の足音がささやかれている。

>金融崩壊がこの秋に起きる可能性があります。今、株式市場バブルは史上最大に膨らみました。
5人の名高い金融専門家が差し迫る金融危機について警告しています。

●現在の株高は中央銀行制度の最後の輝き
現在なぜ株高なののか?その構造を見れば、いつ崩壊してもおかしくない状態であることが分かる。
国家が発行している莫大な国債、その代価として紙幣が発行される。しかし世界ではお金は、実需には向かっていない。それが土地や株式市場に向かい実態のないバブル経済を生み出す。
しかし、国債の供給をやめれば、経済は縮小していくしかない。かくして輸血をつづけ無理やりの市場拡大をやらざるをえない。
近年、ロスチャイルド傘下の欧米日の中央銀行は金融緩和QEを進めてきた。カンフル剤として、紙幣を刷るしかない。やればやるほど借金まみれ、麻薬の中毒症状が悪化する。でも止められない。アベノミクスも全く同じ構造。
その増刷紙幣の行き着く先が株高である。

●ロスチャイルドの巻き返し
世界情勢はプーチン主導ではあるが、欧・米においてはロスチャイルドが巻き返しを図っている。
フランス大統領選に観る旧勢力の動き(マスコミと不正選挙) 

アメリカでもロスチャイルドは、手下のゴールドマンがトランプ政権に入り込んでいるが、トランプを内側から取り込もうと躍起。
トランプの側近をマスコミを使い追い落とし、手下で固めつつある。
(さらに…)

  投稿者 nihon | 2017-05-30 | Posted in 01.どうする?マスコミ支配No Comments »