2016年08月15日

天皇家「生前退位」の本音は何か?

平成28年8月8日、午後3時。今上天皇自ら「生前退位」についてのお気持ちが述べられました。

天皇のお気持ちを世論の86%が容認。これを受けて政府も法案の検討に入るという動きを見せていますが、参院選直後の表明に始まり、天皇自らのこの発言が多方面に影響を及ぼすことは必至だと考えます。報道だけを追いかけると急展開の印象ですが、この発言に至るには水面下での周到な準備があったであろうことと、それを導く世界情勢の変動こそが注目すべきことであると考えます。

天皇家については当ブログでも以前からいくつもエントリーがありますが、少なくとも明治以降の天皇家は、欧米巨大資本と共に莫大な資産を築きました。それは、当ブログ以外でも実に多く取り上げられています。

※参考:天皇家の儲け方1天皇家の儲け方2NAVERまとめ

またそれは戦後もロックフェラー→CIAとの関係を持ちつつ、今なおその巨大資産を保有しています。

※参考:天皇という力の正体とは?(16)~ロックフェラーと手を組んだ昭和天皇 

世界でも有数の金貸しとして君臨する天皇家の「生前退位」は、単に今上天皇の年齢や健康上の理由だけではありません。では一体、何を意味しているのでしょうか。

(さらに…)