2008年08月15日

朝鮮半島からの流入民との融和をもたらした古代日本人の縄文的性質 ~8/12なんでや劇場「日本人の起源」より~

middle_1160654009.png
 
現在の世界情勢を見ると、アメリカドルを基軸通貨とする経済システムの限界が露呈しつつある。
そのような情勢下で、国際金融資本家たちの中でも覇権の延命を画策する勢力や、多極化への移行によって新たな経済支配体制を確立しようとする勢力が熾烈な争いを繰り広げている。
 
しかし、現在の市場経済システムの存続にせよ、新しい市場経済システムの確立にせよ、市場原理の弊害は残り続ける。
多くの人々が活力を持って過ごせる社会の基盤を発掘するためには、現状を捉えつつ、過去の歴史を深く追求することが欠かせないのではないだろうか。
 
その基盤発掘の糸口が、2008年8月12日のなんでや劇場で扱われた「日本人の起源」に示されていた。
今回の記事では、その中の朝鮮半島からの流入民と融和して集団⇒社会を形成していった、古代日本の縄文的体質について紹介していきたい。

(さらに…)

  投稿者 lived104 | 2008-08-15 | Posted in 14.その他11 Comments »