2008年06月13日

排出権取引、その実情は?

%E6%8E%92%E5%87%BA%E6%A8%A9%E5%B8%82%E5%A0%B4.bmp
1997年の京都議定書において、日本は1990年比6%を削減目標としているが、2005年時点で削減どころか、90年比+7.8%の増加となっています。
京都議定書に定める削減義務は2008~12年までの約束期間の平均値で測られる。1990年の総排出量は12.61億CO2tであり、日本が削減すべき13.8%は1億7,402万tとなる。つまり、1億7,402万tを5年間毎年買い続けると、取引総額は2.78兆円となる(※1)。
ただしCO2取引価格は2011~12年には2倍にも3倍にも高騰すると言われていることを考慮すると、実際の取引額はもっと上昇すると思われます。
地球温暖化の真の原因がCO2濃度の上昇であろうがあるまいが、既に決められた目標に向かって排出権取引額を少しでも減らそうと右往左往しているのが日本政府の現状です。
※1 欧州排出権取引の中心的な取引市場であるアムステルダムの欧州気候取引所(ECX)より仮定。CER(クリーン開発メカニズム由来の取引額)が2008年6月で、約20ユーロ/t-CO2 (≒3200円)。


排出権取引を動かしているのは誰なのだろうか?
続きを読む前に、クリックお願いします

(さらに…)

  投稿者 andy | 2008-06-13 | Posted in 09.国際政治情勢の分析3 Comments »