- 日本を守るのに右も左もない - http://blog.nihon-syakai.net/blog -

国の借金900兆円どうなる!? ~2.家計が国債を引受けられるのはあと何年?その先はどうなる?~

Posted By d0020627 On 2010年8月12日 @ 4:49 PM In 未分類 | 13 Comments

[1]
前回の記事では、日本の国の借金が、借金を返すために借金しているという自転車操業状態にあること、そしてその国債の主な引き受け先は国内の金融機関であり・保険年金基金があてられていることを紹介しました。
リンク→国の借金900兆円どうなる!? ~1.日本財政の現状は?~ [2]
国の借金900兆円どうなる!?シリーズ第2回目は、家計が国債を引受けられるのはあと何年?その先はどうなる?を考えてみたいと思います。
続きへ行く前に応援よろしくお願いします☆
そこでまず国債の引き受け手先となっている国内の金融機関・保険年金基金のマネーは、いったいどこから来ているの考えてみると、当然それは私たちが銀行に預けているお金、積み立てているお金が原資となっています。


家計の金融資産の推移グラフを見ていくと約1400兆前後を推移しています。
[3]
預金約800兆円と保険・年金準備金約400兆円が銀行や保険会社等に流れ込み、銀行や保険会社等はこれらを主な原資として、政府の借入や証券(国債等)の購入等に充てています。つまり私たちが預けているお金は、いつのまにか銀行や保険会社によって国債に換えられてしまっている現状にあるわけです。
膨大な国の借金=国債を引受けているのが国民の金融資産だと考えると、仮にこのまま新規国債を発行し続けた場合いったいどうなるのでしょうか?
日本政府は、歳出を大幅に見直さない限り(=社会保障費を大幅に減らさない限り)今後40兆円~50兆円規模の新規国債の発行が不可欠となります。
しかし、金融機関が国債を買う原資となる家計の金融資産1400兆は停滞→減少し始めています。(貯蓄率は40%前後から3%前後へ)
[4]
この結果家計の金融資産政府の債務残高の差が縮まってきており、家計の金融資産を原資とした国債引受は、10年もしないうちに破綻する計算になってしまします!
[5]
2000年~2009年までの9年間で家計の金融資産を300兆使ってしまっています。
     金融資産    負債   金融資産残り
2000年:1400兆円- 800兆円 = 600兆円
2009年:1450兆円-1150兆円 = 300兆円

家計の金融資産が底をついた場合、さらなる新規国債を「誰が」買うのでしょうか?
結論からいえば、海外の金融機関か、日本銀行しかないということになります。
日銀は資産規模が124兆円でGDP比26%と高く、これ以上は増やしたくない状況にあります。(リーマンショックによって資産規模を2倍に増やしたアメリカでもGDP比15.4%)
だから、海外でもいいから金融機関に買って欲しい状況にあります。
日銀の国債保有残高は76.6兆円(2010年7月末)
現在の金融市場では、ドル・ユーロに対して上げている円は人気があり、日本国債が買われやすい状況にあります。(実際、中国政府も外貨準備の運用の一部を、円国債で運用し始めている)。円高-ドル安ユーロ安が進行している状況では、投資家が円高による差益を狙うからです。
これを、「市場で消化できる」と見た日本政府が国債発行を減らさなければ、海外の金融機関が国債保有高を上げていくことになります。
しかし海外の金融機関が国債保有高を高めていくことは、何か大きな問題につながらないのでしょうか?
次回は、国の借金900兆円どうなる!?シリーズ最終回!
国債と市場、負債を生み出す中央銀行制度の関係に踏み込んで考えていきます。
お楽しみに!


Article printed from 日本を守るのに右も左もない: http://blog.nihon-syakai.net/blog

URL to article: http://blog.nihon-syakai.net/blog/2010/08/1719.html

URLs in this post:

[1] Image: http://blog.trend-review.net/blog/okane.html

[2] 国の借金900兆円どうなる!? ~1.日本財政の現状は?~: http://blog.trend-review.net/blog/2010/08/001713.html

[3] Image: http://blog.trend-review.net/blog/%E5%AE%B6%E8%A8%88%E9%87%91%E8%9E%8D%E8%B3%87%E7%94%A3%E6%8E%A8%E7%A7%BB1.html

[4] Image: http://blog.trend-review.net/blog/%E5%AE%B6%E8%A8%88%E8%B2%AF%E8%93%84%E9%A1%8D%E3%83%BB%E5%AE%B6%E8%A8%88%E8%B2%AF%E8%93%84%E7%8E%87%E3%80%80%E6%8E%A8%E7%A7%BB.html

[5] Image: http://blog.trend-review.net/blog/%E9%87%91%E8%9E%8D%E8%B3%87%E7%94%A3%EF%BC%8F%E5%82%B5%E5%8B%99%E6%AE%8B%E9%AB%98%E3%81%8A%E3%82%88%E3%81%B3%E5%B7%AE%E9%A1%8D%E6%8E%A8%E7%A7%BB.html

Copyright © 2014 日本を守るのに右も左もない. All rights reserved.