- 日本を守るのに右も左もない - http://blog.nihon-syakai.net/blog -

新テーマ:経済破局は来るのか? ~プロローグ~

Posted By lived104 On 2009年11月28日 @ 11:34 PM In 06.経済破局の行方 | 7 Comments

im20091127NTE2INK012711200913.jpg
画像はこちら [1]からお借りしました。
 
2009年11月の末に、一時的に1ドル84円台まで円高ドル安が進んだ。
変動相場制への移行後のドル最安値となった1995年春の79円台も見えてきている。
そして、これは決して底が見えているわけではない。


いずれは1ドル50円→1ドル10円となることも予測されている。
円高加速 – いずれ1ドル50円、そして1ドル10円、やがては1円10ドルの時代が来る
東京kittyアンテナ(@w荒  2009年11月26日

ドルに代わる通貨システムは?~7.『ドル亡き後の世界』(副島隆彦)を読む 
金貸しは、国家を相手に金を貸す 2009年11月17日

これらは決して最悪の場合や、遠い先のことではなく現実的な話である。
2007年の住宅バブル崩壊以降顕在化した金融商品の損失は、全く処理の見通しが立っていない(公表できない)状況であり、ドルの信用を支えるものはない。アメリカを輸出先としている国々も、いつまでも買い支えることはできない。
暴落の時期を見極めるためには、引き続きドル・米国債の動きを注視することは重要だが、今回の世界金融危機は、証券化金融の暴走による100年に1度の危機などではなく、既存の市場経済システムの終焉という位相にある。
ゆえに、既存の市場経済システムを前提に再構築を考えても突破口は見えない。
歴史事実に基づいた正確な状況認識を出発点として、原因の分析と今後の動向を行っていく必要がある。
そこで、本ブログでは「経済破局は来るのか?」シリーズと題して、これから週1回、6~7回程度のエントリーの中で、るいネットでこれまでに提起・紹介されてきた経済破局論を改めて整理し、今後どのような新しい経済システムを作っていく必要があるのかを考えていきたい。
(予定テーマ)
1.経済破局に至る基本構造
 
2.金融危機→金貸し支配の終焉・アメリカ覇権の終焉
 
3.市場の最基底部=性市場の衰弱
   
4.金貸し支配→金貸し間の覇権闘争→百花繚乱状態
 
5.金貸しの奥の院 ~欧州貴族の動き~
 
6.諸国の動き(中国、ロシア、EU、日本他)
 
 
応援よろしくお願いします。
 
るいネット
るいネット [2]
メルマガるい
メルマガ [3]
 
 
written by G線上のアリア


Article printed from 日本を守るのに右も左もない: http://blog.nihon-syakai.net/blog

URL to article: http://blog.nihon-syakai.net/blog/2009/11/1461.html

URLs in this post:

[1] こちら: http://www.nikkei.co.jp/news/main/im20091127NTE2INK0127112009.html

[2] Image: http://www.rui.jp

[3] Image: http://www.rui.jp/new/kousei/kousei_19.html

Copyright © 2014 日本を守るのに右も左もない. All rights reserved.