- 日本を守るのに右も左もない - http://blog.nihon-syakai.net/blog -

4/29(水) なんでや劇場レポート【金貸し→特権階級の暴走どうする?】 ①

Posted By taku On 2009年5月5日 @ 5:47 PM In 04.日本の政治構造 | 3 Comments

4/29(水)、なんでや劇場が開かれ、今後の世界をとりまく経済・社会がどうなっていくのか、何をすべきかの追及が行われました。大部にわたりますので、今後数回に分けてお送りします。
今回のお題は【金貸し→特権階級の暴走どうする?】です。
これが今回劇場冒頭で示された、現在および近未来の世界の意識潮流を表した図解です。
05-05_17-19_001.jpg
▽続きを読む前にクリックしていただけるとありがたいです▽


2008/9月以降の世界経済大混乱を受けて、人々の意識潮流は大きく2つに別れます。

05-05_17-19_002.jpg
社会における倒産→失業→暴動はどうなる?


市場における世界金融システムはどうなる?span>

すでに、世界では倒産→失業→暴動の連鎖が始まっています。一方、暴走しバブル化した世界金融システムは破綻し、国家が自由な市場を封じ込める動きが顕著です。
この2つは図解にあるとおり、互いに対立関係にあり、国の税金を注入して大資本を救うのか(=赤字増大、増税)、倒産させて健全化を図るのか(=失業増大)、各国は厳しい対応を迫られています。
この構造の背景にあるのは
 世界経済の収縮によって金貸し勢力の力が急激に低下し、
  もはやロスチャイルドvsロックフェラーという2軸対立を超え、
   王権・軍隊・産業・官僚の勢力が入り乱れ、
    百花繚乱・生き残りを賭けた分立・連携を行う、
    流動化し多極化した世界に突入している、

という構造です。
そして、国家の政権を支配するこれらの勢力は、残存する金貸し勢力によるコントロールだけではなく、民族収束を強めてゆく大衆共認を考慮せざるを得ない、というのが大きな注目点です。
まずこれらの状況認識を踏まえた上で、さらなる分析が行われました。
続きをお楽しみに...


Article printed from 日本を守るのに右も左もない: http://blog.nihon-syakai.net/blog

URL to article: http://blog.nihon-syakai.net/blog/2009/05/1133.html

Copyright © 2014 日本を守るのに右も左もない. All rights reserved.