- 日本を守るのに右も左もない - http://blog.nihon-syakai.net/blog -

社会収束と反比例?政治に期待できなくなってきた!?

Posted By nandeyanen On 2008年12月28日 @ 6:51 PM In 12.現代意識潮流 | 8 Comments

今年1年を振り返ってみて、若者を中心にした『社会収束』が一気に加速したのでは?と感じる。
これに反比例するかたちで、統合階級(政治家や官僚など)への信用度は下がっている。
少し前になるが、朝日新聞社が郵送で行った「政治・社会基本調査」の結果 [1]を紹介する。
%E6%84%8F%E8%AD%98%E8%AA%BF%E6%9F%BB004.jpg
2008年3月21日付け朝日新聞より
←クリックして続きをどうぞ!


継続調査ではない=経年変化がわからないので、他の職種?との相対判断しかできないが、
「信用している」+「ある程度信用している」の合計で、政治家と官僚が並んで18%のワースト1
 (宗教やテレビを下回っているのにはビックリ
警察,教師は6割を維持しているものの、これもテレビを下回っている。
裁判ですら、7割でテレビより少しましな程度。
 (テレビが6割近くを維持しているほうが???なのかも知れないが…)
『社会収束』が進むにつれ、社会や政治に対する関心は高まっているが、変革期待が大きい分、何も答を出せない現在の統合階級への落胆は大きいということだろう。
しかし「政治家や官僚が信用できないのはなぜか?」
その原因として考えられるのは「変革期待が高まったから」とか「不祥事が増えたから」というようなことだが、それら直近の原因だけではなく、もっと背後に根深いものがあるように感じる。
「なんで政治に期待できないのか?」改めて考えてみたい。


Article printed from 日本を守るのに右も左もない: http://blog.nihon-syakai.net/blog

URL to article: http://blog.nihon-syakai.net/blog/2008/12/982.html

URLs in this post:

[1] 「政治・社会基本調査」の結果: http://www.asahi.com/national/update/0320/TKY200803200207.html

Copyright © 2014 日本を守るのに右も左もない. All rights reserved.