- 日本を守るのに右も左もない - http://blog.nihon-syakai.net/blog -

アフリカ植民地を殺戮・収奪した同じ連中が広島・長崎の原爆を生んだ  ~金融寡頭勢力とベルギー王朝~

Posted By ihiro On 2008年7月31日 @ 9:39 PM In 08.近現代史と金貸し | 5 Comments

毎年この時期になると、日本に落とされた原爆のことがいやでも気になる。なぜ日本に原爆がおとされたのか?・・・・・・ふとしたことで、日本に落とされた原爆の材料であるウランは、コンゴで採掘されたものであるということを知った。
ベルギー領コンゴを描いたジョセフ・コンラッド「闇の奥」、藤永茂「闇の奥の奥」という本がある。かなりやるせない気持ちになるが、白人の植民地支配の実態・現実をまず直視する必要がある。
    01787289.jpg          congo02.jpg


この本を引用したオルタナティブ通信 [1]より
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
ベルギー王家の国王レオポルド2世が、アフリカのコンゴ(ベルギー領コンゴ)でゴムの大規模農園を多数経営し、そこで奴隷とされた黒人を数百万人、大虐殺した事実は余り知られていない(ジョセフ・コンラッド「闇の奥」岩波書店、藤永茂「闇の奥の奥」三交社参照)。このベルギー領コンゴでの大虐殺の実働部隊となったのがロスチャイルドとソシエテ・ジェネラル・ド・ベルジックである。
本書p28には、ロスチャイルドによって手首を切り落とされた黒人の少年の写真が載っている。
         c0139575_019391.jpg [2]
黒人には1日に採集するゴムの量が1人1人割り当てられた。1日でもその割り当てノルマが達成できないと、ロスチャイルドはその黒人奴隷の手首をオノで切断し、制裁を加えた。相手が少年であっても容赦はされなかった。
本書p79にも、切り落とされた黒人奴隷の手首を持つ黒人の写真が掲載されている。
     c0139575_0211055.jpg
ロスチャイルドは、逆らった黒人、病気・ケガで働けなくなった黒人を射殺する事を農園の監督人に命じた。しかしライフル銃の弾丸を節約するために、殺害に使用した弾丸の数と同一の数の黒人の手首を持ち帰る事を監督人に要求した。殺害された黒人1名につき弾丸1個しか使用してはならない、という弾丸の節約命令が出されていた。
黒人の命より、弾丸1個の方が「もったいない」という事である。
一方、監督人は木の棒等で黒人を撲殺し、弾丸を未使用のまま残し、「黒人が逆らったので銃殺した」とウソの報告を行い、弾丸を銃器販売店に「横流しし」、その利益を「小遣い」として着服する事が常態化していた。
(中略)
 コンゴは、ゴムだけでなく核兵器原料のウランの最大手の生産国であり、ロスチャイルドの核兵器原料企業ソルベイ社が、コンゴでのウラン採掘と世界への販売を担当してきた。
 このソルベイ社とベルギー国王が「国連所在地のブリュッセル」で3年に1度開催する「ソルベイ会議」は、世界中の核兵器メーカーと核物理学者が集まり、今後の核兵器販売計画を密談する、ソルベイ社から招待された者だけが参加可能な、マスコミにも情報を出さない「隠密会議」となっている。
 かつて、第5回ソルベイ会議に出席したアインシュタインが、ソルベイ社に説得され、米国のルーズベルト大統領に書簡を送り、原爆開発の推進を「提言」した事実は有名である。著名であったアインシュタインの書簡であれば米国大統領も「核兵器開発を認め、説得されるであろう」と計算したソルベイ会議は、アインシュタインを「上手に誘導し説得した」のである。
このソルベイ会議が無ければ、日本の広島・長崎への原爆投下も原爆開発も無かった。
////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
(引用以上)
このアインシュタインの米ルーズベルト大統領への提言は有名な『アインシュタイン書簡』と呼ばれるもので、1939年に行われたものである。この提言からアメリカによるマンハッタン計画が始まる。
アインシュタインは巧く乗せられたのであって、背後には、国家に原爆開発させることで暴利を貪ろうと考えていた金融寡頭勢力(金貸し)ロスチャイルドとソルベイ社がいたのは明白。
『闇の奥の奥』の作者 藤永茂氏によれば、ベルギー王がコンゴ流域の黒人達を酷使したのも、ウランを産出する地域を制覇する狙いからだったようです。
藤永茂ブログ [3] より

世の中には「知らないままの方が良かった」と思われる事実が沢山あるようです。コンラッドが小説『闇の奥』の構想を温めていた丁度その頃、ベルギー王レオポルド二世はコンゴ河流域の黒人たちを酷使して、密林に自生するゴムの樹の樹液(ゴム原料)を、気が狂ったように収集して世界に売りさばき、巨利を得ていましたが、実は、その金はカタンガ地方の制覇と開拓に是非とも必要だったのでした。多数の黒人原住民を死に追いやって稼いだ資金が、回り回って、ヒロシマ・ナガサキの原爆を生んだという事実を知れば、日本人ならば誰しも全くやりきれない気持に追い込まれます。

これら経過から見ると、原爆開発はロスチャイルド・ベルギーコネクションから始まり、アメリカに移植されたと考えられる。この経過については、次回扱いたい。
ロスチャイルドのベルギーコネクションについては、
『世界権力構造の秘密』より

ロスチャイルド家のベルギー分家を探ってみると、ロスチャイルド家が19世紀にアフリカに及ぼした影響の一端をたどることができる。レオン・ランベール男爵(フランス家ジェームズの孫娘リュシー・ベッティと結婚)はレオポルド王のベルギー帝国の資金提供者だった。
ベルギー領コンゴは、レオポルド王がスタンリーの探検隊に資金を提供したのちに、1885年に成立した。コンゴの面積は、ほぼポーランドの大きさに匹敵し、コンゴ産のゴムや象牙、黒人奴隷からは莫大な見返りがあった。

それにしても、ロスチャイルド・英・ベルギーコネクションは怪しい。EUの中心(ベルギー)でもあり、温暖化詐欺の発生地(英)でもあり、ベルギーのランベール家はイスラエルコネクションで有名。
いずれにしてもアフリカでの大虐殺、日本人への原爆ホロコースト・・・など有色人種大虐殺を平然とやってのける、白人支配派の中核であることは確かなようだ。
(by Hiroshi)


Article printed from 日本を守るのに右も左もない: http://blog.nihon-syakai.net/blog

URL to article: http://blog.nihon-syakai.net/blog/2008/07/785.html

URLs in this post:

[1] オルタナティブ通信: http://alternativereport1.seesaa.net/article/95994197.html

[2] Image: http://blog.trend-review.net/blog/c0139575_019391.jpg

[3] 藤永茂ブログ: http://huzi.blog.ocn.ne.jp/darkness/2007/11/index.html

Copyright © 2014 日本を守るのに右も左もない. All rights reserved.