- 日本を守るのに右も左もない - http://blog.nihon-syakai.net/blog -

米国金利引き下げはドル暴落・米国経済破綻の引き金を引いたか?

Posted By yuji On 2007年9月28日 @ 3:04 PM In 未分類 | 2 Comments

●最近5年間のユーロに対する米ドルの相場の推移。米ドルは5年間で約三分の二に価値が低下している。
96158b670bbf28559ca70bd30bdbe8b5.png [1]
●最近5年間のカナダドルに対する米ドルの相場の推移。米ドルは5年間で約6割に価値が低下している。
b8e3d879b5cff81b4ec61273413f436c.png [2]
9月18日に米国のFRBが短期金利を5.25%から4.75%に0.5%引き下げを行った結果、目先の景気は回復し、ダウ平均株価は300ドル以上という大幅な急騰を示しました。
しかし、その後のドルの大幅な下落中東諸国のドル・ペッグ制廃止の動きなど、米国の金融危機はこれからが本番という様相を呈しています。 
以下、関連記事を国際情勢の分析と予測 [3] より引用します。
続きを読む前によろしくお願いします。

●ドル急落 カナダと等価値31年ぶり 産経新聞 2007年9月21日
低所得者向け高金利型住宅ローン(サブプライムローン)問題を契機に米景気の悪化懸念が高まり、米ドルはユーロ、円など主要通貨に対して全面安の展開が続く。米連邦準備制度理事会(FRB)による18日の利下げがこの流れに弾みをつけ、1ユーロ=1・40ドル台をつけ最安値を更新。
●サウジアラビアが脅えてドル暴落? 今日の覚書、集めてみました [4] 英テレグラフ紙 2007年9月19日
サウジアラビアは初めてFEDと共に金利引下げを行うことを断固として拒絶した。石油資源の豊かなペルシャ湾の王国は、中東全域で怒涛の如きドル離れを引き起こす危険のある動きの中で、ドル・ペッグ制を廃止する準備を進めているとほのめかしたのだ。
「これはドルにとって非常に危険な状況だ」とBNPパリバのカランシー・チーフ、ハンス・レデカーが言った。「サウジアラビアは将来世代基金に$8,000億抱えている。地域全体では$3.5兆が運用されている。インフレの脅威に直面するだろうし、アメリカの不景気用金利政策を輸入などしたくもないのだ」と彼は言った。
(~中略)
アメリカの近しい仲間として、サウジアラビア政府はこれまでのところペッグ制を守ろうとしてきたが、この繋がりは現在自らの経済を不安定化させつつある。FEDが昨日行った劇的な4.75%への0.5%利下げは、既に世界のドル指数で15年ぶりの値下がりを生じており、強力なユーロに対しては$1.40弱で史上最安値に達した。
現在、世界中の投資家がアメリカ債券市場を避け始めるという危険が高まっている。今週公表された外国人保有に関する最新のアメリカ政府のデータは、米国債総売上を含め、米国債購入が$970億から7月にはたったの$190億へ崩壊したことを示している。アメリカとその他の国々との利回りの差が急速に狭まるにつれて、これが加速するかもしれないという危険があり、経常赤字(今年は$8,500億、またはGDPの6.5%に達すると予測されている)を補うために必要な外資流入を途切れさせるかもしれない。
(~中略)
しかしFEDは、突然のダウンターン・リスクが現在は余りにも大きくドル安の危険性を超えている、と明確に計算している。元FED議長のアラン・グリーンスパンは今週、サブプライム危機がより厳しくなるにつれ住宅価格は「二桁台で」下がるかもしれず、家庭に支出を大幅に削らせるだろうと述べた。
明らかに、ドル・ペッグ制はサウジアラビアにとって障害となった。インフレは4%上昇し、M3は22%で急騰中だ。ペルシャ湾岸の別の地域では、その圧力はもっと悪い。UAEの現在のインフレ率は20年ぶりに9.3%となった。カタールは13%に達している。5月、クウェートはドル・ペッグ制を破棄する最初の石油王国となった。過剰なマネーサプライの伸びを抑え付け始めている動きだ。
【私のコメント】より
膨大な経常赤字を垂れ流すドルがこれまで国際基軸通貨の地位を保ってきたのは、石油ドル体制に加えて中国とアラブ産油国がドルに対して事実上固定相場を採ってきたこと、日本や中国が膨大な金額の米国国債・米国企業の社債などを買い支えてきたことによると思われる。しかし、イランやベネズエラに代表されるように米ドル以外での石油貿易決済を求める国が増えてきている。

サブプライムローン問題に対する中東諸国の対応は、マスコミでも殆ど報じられていませんが、産油諸国のドル・ペッグ制の廃止の動きは、ドル支配体制を根底から揺るがす事態だと思われます。
世界中の金融資本は既にアメリカ脱出を始めていますが、日本の今回の問題に対する動きはまだまだ他人事のような気がしてなりません。多額のドルを保有している日本の対応が手遅れにならないようによう、世論形成をしていく必要があると思います。


Article printed from 日本を守るのに右も左もない: http://blog.nihon-syakai.net/blog

URL to article: http://blog.nihon-syakai.net/blog/2007/09/440.html

URLs in this post:

[1] Image: http://blog.nihon-syakai.net/blog/96158b670bbf28559ca70bd30bdbe8b5.png

[2] Image: http://blog.nihon-syakai.net/blog/b8e3d879b5cff81b4ec61273413f436c.png

[3] 国際情勢の分析と予測: http://blog.goo.ne.jp/princeofwales1941/e/6340fa067a1b22c5d9eeab2e02042816

[4] 今日の覚書、集めてみました : http://blog.goo.ne.jp/kitaryunosuke/e/7742d671f9d5754e046715da1197e52e

Copyright © 2014 日本を守るのに右も左もない. All rights reserved.