- 日本を守るのに右も左もない - http://blog.nihon-syakai.net/blog -

“社会保険庁叩き”の構造

Posted By saken On 2007年6月18日 @ 5:56 PM In 02.アメリカに食い尽される日本 | 3 Comments

%E3%83%88%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%83%89%E3%82%A4%E3%83%A9%E3%82%B9%E3%83%881.gif
いま世間を騒がせている社会保険庁問題。るいネットや各ブログ、そしてこのTrend Reviewで語られている内容を図解にしてみました。構造的理解の参考にして下さい。
次に進む前に、クリックお願いします
↓↓↓


アメリカの動き
・日本の民間保険市場には、’90~AIGの参入以来、増加(外資系が39社)
・郵政民営化(’07~)の次にアメリカが狙っているものは、日本の医療保険制度の改変(年次改革要望書より)
官邸・自民党の動き
・社会保険庁の解体と民営化計画(自民党HP:「社会保険庁解体宣言」)
・年金問題の矮小化(自治労バッシングとその支持基盤である民主党攻撃)
民主党の動き
・社会保険庁解体を同意(民主党HPより)
・被害の声を集めるだけの同情政策(「消えた年金」被害者補償法案等)
電通・マスコミの動き
・電通による自民党HPの作成
・TV&雑誌:社保庁バッシング(「報道ステーション」、「朝ズバ」、各週刊誌)
・新聞社:左系も右系も年金問題の歪曲化・社保庁解体の方向へ
・コムスンバッシングにより、介護保険制度改変の方向へ
つまり、アメリカの圧力が発火点 → 官邸・電通の扇動 → 各種マスコミにより「社保庁バッシング一色」の世論形成が完成した。
一方、参院選を控えた民主党の主張はというと、国民個々人の不全にすり寄るだけで、年金問題の根本に斬り込んではいない。それどころか「解体やむなし」という自民・アメリカ路線と変わらないのだ。
国民はどうか?
年配層は、目先の「自分の金はどうなる?」意識が目立ち、若年層はそもそも年金など信用していない、というもの。これから社会を担う当事者として、この問題に斬り込む様な表だった動きは見えない。
このまま、郵政民営化や三角合併等に続き「属米基盤」が出来てしまうのか!?
●以下は、主に参考にさせていただいた記事やHPです。
【神州の泉】
「社保庁解体論やコムスン・バッシングも国家崩壊の道程」
http://shimotazawa.cocolog-wbs.com/akebi/2007/06/post_9cfc.html [1]
【るいネット】
自民党の『民営化』とは、外資に日本を売ることと同義~社会保険庁解体より~http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=600&t=6&k=0&m=153437 [2]
まやかしの年金改革と矮小化報道http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=600&t=6&k=0&m=153759 [3]
【自民党HP】
「あきれた社会保険庁の実態」
https://youth.jimin.or.jp/iken/ [4]「社会保険庁解体の推進について」
http://www.jimin.jp/jimin/seisaku/2006/pdf/seisaku-031a.pdf [5]
【民主等HP】
「消えた年金記録」
http://www.dpj.or.jp/special/lost/index.html [6]
【年次改革要望書】
「ウィキペディア」http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B9%B4%E6%AC%A1%E6%94%B9%E9%9D%A9%E8%A6%81%E6%9C%9B%E6%9B%B8 [7]
【Trend Review】
「社会保険庁叩きの背後にある、アメリカ保険業界の圧力」
「年金問題、各紙社説を比較する」


Article printed from 日本を守るのに右も左もない: http://blog.nihon-syakai.net/blog

URL to article: http://blog.nihon-syakai.net/blog/2007/06/290.html

URLs in this post:

[1] http://shimotazawa.cocolog-wbs.com/akebi/2007/06/post_9cfc.html: http://shimotazawa.cocolog-wbs.com/akebi/2007/06/post_9cfc.html

[2] http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=600&t=6&k=0&m=153437: http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=600&t=6&k=0&m=153437

[3] http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=600&t=6&k=0&m=153759: http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=600&t=6&k=0&m=153759

[4] https://youth.jimin.or.jp/iken/: https://youth.jimin.or.jp/iken/

[5] http://www.jimin.jp/jimin/seisaku/2006/pdf/seisaku-031a.pdf: http://www.jimin.jp/jimin/seisaku/2006/pdf/seisaku-031a.pdf

[6] http://www.dpj.or.jp/special/lost/index.html: http://www.dpj.or.jp/special/lost/index.html

[7] http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B9%B4%E6%AC%A1%E6%94%B9%E9%9D%A9%E8%A6%81%E6%9C%9B%E6%9B%B8: http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B9%B4%E6%AC%A1%E6%94%B9%E9%9D%A9%E8%A6%81%E6%9C%9B%E6%9B%B8

Copyright © 2014 日本を守るのに右も左もない. All rights reserved.