- 日本を守るのに右も左もない - http://blog.nihon-syakai.net/blog -

日米国家ぐるみの詐欺行為

Posted By hongou On 2007年1月25日 @ 9:44 PM In 02.アメリカに食い尽される日本 | 4 Comments

MSCBと空売りで儲ける仕組み 例えば、不二家とG・Sの場合 [1]」、私も読みました。
ところが、日米政府と外資系の証券会社が一体となった、もっと大掛かりな株価操作が、株式市場では行われているらしい。
日本人が知らない 恐るべき真実 [2]」の2006年6月 2日の日記「証券会社・政府一体の株価操作」から、引用させていただきました。

2003年4月には米国のイラク戦争に日本が賛同することのご褒美として日米合作による日本の株価の大暴騰のシナリオがつくられて実行されました。

まず、日経平均が7800円の時、外資系証券会社7社から株価見通しとして6800円に向けて急落するという情報が一斉にながされました。これに呼応した日本の個人、機関投資家が、株式の売り建て、日経225先物の売り建てをしてそれを外資系が大量に買い集めました。それからは一気の上昇です。

         

日本国政府は日本の個人、機関投資家が空売りで多数犠牲となり、米国系の証券会社に大もうけをさせるのを条件に株価の上昇を選んだ訳です。 (ここまでコピー)つまり、日米政府・証券業界で予めシナリオを作って、デマの情報を流して個人投資家に株を売らせるように仕向け、それを買い集めてから一気に暴騰させたということですね。

もっともこれに似たようなことは日常茶飯事に行われており、その最たるものが、証券会社や投資顧問、雑誌等の推奨株(この場合は上がると言って買わせて下げるちょうど逆のパターンですが・・)あるいは買いでも売りでも仕込んでおいてから政治家に何か一言言ってもらうとか・

’03年以降「株価上昇」「景気回復」を政府自民党は喧伝し、それを小泉前政権の成果としてきたが、それは真っ赤なウソだったということ。単に、個人投資家を騙して、アメリカの証券会社を儲けさせたにすぎない。その結果株価が上昇したのを己の手柄と喧伝するに至っては、もはや株価操作というレベルではなく、日米の国家ぐるみの大掛かりな詐欺行為に他ならない。
こんなことが株式市場では日常茶飯事のように起こっているらしい。不二家の疑惑は氷山の一角にすぎないのでは?(本郷)


Article printed from 日本を守るのに右も左もない: http://blog.nihon-syakai.net/blog

URL to article: http://blog.nihon-syakai.net/blog/2007/01/177.html

URLs in this post:

[1] MSCBと空売りで儲ける仕組み 例えば、不二家とG・Sの場合: http://blog.livedoor.jp/nandeya_umeda/archives/50282677.html

[2] 日本人が知らない 恐るべき真実: http://d.hatena.ne.jp/rainbowring-abe/

Copyright © 2014 日本を守るのに右も左もない. All rights reserved.